今日はハロウィン!

スポンサーリンク
英語
SNSフォローボタン
フォローする

今日はハロウィンですね。皆さんは飾り付けや仮装はしましたか?当校では10月はこんな飾り付けをしていました↓↓↓

スポンサーリンク

ハロウィーンとはどんなイベント?

みなさんきっと、Trick or Treat は聞いたことがありますね。10月31日、アメリカなどの国で子どもたちが仮装をして近所を練り歩き、家のドアを叩いてはこのフレーズを言うとお菓子がもらえるという何とも楽しいイベントです。私が住んでいたオーストラリアでは、残念ながらハロウィン文化はほとんどなく、飾り付けをしている家もありませんでしたが、もう20年も前の話なので今は日本のように結構盛り上がるのかもしれません。

Trickには『手品』『(犬などがする)芸』の他に『人を騙す』など色々な意味がありますが、ここでは名詞で『悪さ』の意味。Treatには『扱う』や『治療する』などの動詞の意味がありますが、ここでは名詞の『いい物』、という意味です。もしちゃんと文章で書くなら、”Do you want me to play a trick on you, or do you want to give me a treat?” 。でもこんなに長いとお菓子をあげる方も間が悪そう・・・。やっぱり Trick or Treat! がリズムがいいですね。

R.I.P. の意味はなに?

そしてホワイトボードの飾り付けに、もう一つ英語の表現があったんです。それが “R.I.P.”。

これは、”Rest In Peace” の略で、『安らかに眠れ』という意味です。だからお墓に書いてあるんですね。これは実際に英語圏の墓石によく彫ってあるフレーズです。英語圏で有名人が亡くなると、『ご冥福をお祈りします』という意味で”R.I.P. (名前). You were the best.” (安らかにお眠りください、〇〇さん。あなたは最高の人でした。)のような沢山の書き込みが投稿されます。rip という単語もあるのですが、これは『引き裂く』とか『裂ける』という意味で全く別の単語。これは大文字で、正確にはR.I.P.とそれぞれのアルファベットの後にピリオドが付き(最近はピリオドを省く人も多数)、読み方は『アー・アイ・ピー』とそれぞれのアルファベットを読みます。リップとは読みません。

この記事を書き始める少し前に、ショーンコネリーさんが亡くなったというニュースが入ってきました。好きな俳優さんの一人だったのでとても残念です。「インディージョーンズ最後の聖戦」は何度見たことか・・・。「ザ・ロック」のショーン・コネリーもかっこよかったなぁ。

R.I.P. Sean Connery… You were the best!!!

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語日記お知らせ
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Y&Y English School – 茅ヶ崎方式 市川妙典校/行徳のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました