英検の有効期限に注意

posted in: 受験, 英語, 資格 | 0

基本的に英検は一度取得してしまえば一生有効な資格です。

大学入試などで活用する大学も増えていますが、一定の条件を課しているところもあり注意が必要です。

当校にも高校1年生の時に2級を取得した優秀な生徒さんがいますが

彼女の志望校では残念ながら1年生の時に取得した英検は有効ではありません。

その志望大学では合格2年以内のものを有効とみなすというルールを設定しています。

通常TOEICなどではオフィシャルにスコアの有効期限は2年と明言していますが英検には期限がありません。

しかし大学受験に利用する場合には注意が必要です。

早く取り過ぎてしまったことが仇となるという矛盾。

とはいっても大学がそうと決めたら従うしかありません。

英検のサイトにもあるように現在では多くの大学が英検による入試優遇制度を設けています。

ただし、詳しく大学の募集要項を読むと出願時から2年以内という制限を設けている学校も少なくありません。

またこの矛盾を避けるためか、高校1年生になって以降の合格は認めるとしている学校もあります。

いろいろ考えると2級を取るのは1年生の3回以降にするか、3年生の1回までに準1級を取ると良さそうです。

また最近の英検にはCSEというスコア換算した点数もあり、例え不合格でもCSEで何点以上あれば

90%の得点を加算してくれるなどの学校もあるようです。

当然2021年の大学入学共通テスト導入により状況も大きく変わりますので、

最新の情報はいつもチェックしておきたいですね。