On – スイス生まれのランニングシューズ

日記

先日妙典駅前のカフェgreenerさんでスイス生まれのランニングシューズOnの試し履き会がありました。greenerさんは東京メトロが運営するカフェで、ヨガスタジオやボルダリングウォールも併設のとてもユニークなカフェです。(この場合のuniqueは独自性があって面白いという意味です)。この会には我が教室の生徒さんSさんもスタッフとして参加していましたので、ちょっとご挨拶。試し履き会の後には試し走り会もあり参加された方もいました。

Sさんは2017年にC1クラスに入学し、現在はC3に在籍されてます。当初の目標は英語力を上げて転職するというものでしたが、その目標を見事に果たし外資系の会社に転職し着実に目標を達成している努力の人です。

本当は今年から海外出張も増えるはずでしたがこのご時世ですので、今年も出席率高く通っていただいてます。

さてこのOnというメーカーは日本ではまだ新しいので知らない方も多いかもしれません。あのロジャー・フェデラーも愛用していて、起業家として参画もしています。フェデラーモデルはあっという間に売り切れるのでテニスファンの間では有名かもしれません。今日現在では日本にオフィシャルショップはありませんが、教室の近くですとららぽーと東京ベイ(船橋)、イクスピアリ(舞浜)、イオンモール幕張などのシューズやアパレル店で扱っています。ソールに特徴がありCloudTecという独自の技術を採用しています。Onウエブサイトでの英語の説明は以下の通りです。

On’s patented CloudTec® technology is engineered to deliver a soft landing followed by an explosive take-off. The result? An unbelievably light running sensation. And no compromise on cushioning and impact protection. In other words, running on clouds.

着地の時にはソフトなクッションになり、走りだすときには爆発的にエネルギーを伝えます。それにより信じられないほどの軽いランニング体験を実現します。クッションと衝撃保護には妥協は無く、言い換えれば雲の上を走っているようです。

という感じでしょうか。

ソールには車のタイヤと同じようにすり減りマークがついていてここまですり減ったら買い替え時期ということですが、結構高価なランニングシューズですのできっとマークが消えてしまうまで使ってしまいそうです。

ランニングする方にはもちろんおすすめなのですが、ガイドの仕事の時には一日中外を歩いていて2万歩を超えることもよくありますので、防水のウォーキングシューズもいいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました