大好きなロビン逝く

posted in: 日記, 英語 | 0

今朝、駅の売店の「ロビンウィリアムズ自殺」という文字に

固まりました・・・。

そして目を疑いました。誤報であってほしかった。

 

彼の演技としゃべりが子どもの頃から大好きでした。

「Hook」「Aladdin」「Mrs. Doubtfire(邦題:ミセスダウト)」「Jumanji」の4本は

特に好きで、何回見たのか数え切れません。

 

なんといっても自由自在に変化するあの声!!!

天才です。天才でした・・・。過去形で言わないといけないなんてショックです。

 

ロビンが魔法のランプの精Genieの声優をした

Aladdinにはこんな思い出があります。

 

小学校6年生の時に犬を飼うことになりました。

その犬が家に初めて来た夜、妹と二人でAladdinのビデオを見ました。

まだ犬の名前を決めていなかったのですが、

あるシーンを見た瞬間、

妹と二人で「名前はこれにしよう!」と意気投合しました。

それはランプの妖精GenieがAladdinに初めてあう以下のシーンです。

 

Genie: Hi! Where you from? What’s your name?

「ハーイ!ご出身は?お名前は?」

Aladdin: Uh, Aladdin.

「えーっと、アラジンだけど。」

Genie: Aladdin! Hello, Aladdin, nice to have you on the show. Can we call you Al, or maybe just Din?

「アラジン!こんにちは、アラジン。僕のショーに来てくれて嬉しいよ。アルって呼んだらいい?それともジン、だけのほうがいい?」

Or how about Laddie? It sounds like, “Here, boy!” C’mon, Laddie!

「それかラディは?(スコットランド人に変身して)『ほら、こっちだよ、ラディ』なんちゃって!(そして犬に変身!)」

Aladdin: I must’ve hit my head harder than I thought.

「思ったより頭を強く打ったみたいだ。」

 

 

この時は字幕で見ていた訳ですが、

「名犬ラディ」と訳されていたのを覚えています。

この瞬間から家の犬は「ラディ」になりました。

(でもこの時正しい綴りはわからなくて、Laddyにしたのですが、

大人になってからLaddyではなくて、スコットランドの方言で

「若者」という意味のLaddieだったことが判明・・・。

もう変える気もなくそのままにしました。)

 

つまりロビンが家の犬LaddieのGodfather(名付け親)だった訳です!!!

もっと長生きして世界を笑いで満たして欲しかった!!!

ご冥福をお祈りします。

また彼の映画が見たくなってきました~!!!

1387830471286

My late dog “Laddy” (もう死んじゃいましたがこんな犬でした)

 

Yoko

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です