Once a wise man, twice a fool!

posted in: ツアー, 通訳案内士 | 0

こんにちは!初めて投稿します、Y&Y English SchoolのYokoです。

主人同様英語講師兼通訳ガイドです。

これからレッスンのことやツアーのこと

色々書いていきますので楽しみにしていてくださいね^^

 

さて、今日は1泊2日の富士登山ツアーの予定でしたが

台風11号の為催行中止になってしまいました。残念。

 

このツアーは毎年富士登山シーズンである7月と8月のみに

催行される季節限定ツアーで、

日本人と外国人のお客様約20人ずつ、計40人ほどで

一緒に登頂。最大の目的は勿論山頂でのご来光です。

 

しかし挑むのは日本最高峰富士山。

プロの登山ガイドさんがついて安全に登ることができますが、

準備を怠ると痛い目に合います。

 

いつも登る前に必ずお客様に言うのは、

“Don’t underestimate Mt.Fuji! You have to be well prepared.”

「富士山を甘く見てはいけません!準備をしっかりしましょう。」

 

暑がりだからーと薄い上着一枚しか持っていない人(山の上は夏でも極寒)、

短パンしか持っていない人、ジーパンで登ろうとする人、

雨具を持ってこない人、普段履きのスニーカーで登ろうとする人、

現金ほとんど持っていない人(クレジットカードのみ)・・・

朝お会いしたときに異様にリュックが小さい人は要注意です。

あれ持ってる?これ持ってる?としつこく聞いて、

持っていなければ途中のサービスエリアもしくは富士山の五合目でご購入いただきます。

あまりうるさく言うのは嫌ですが、

一人でも多くの方と一緒に山頂に立ちたいので、

悪いと思いつつ怪しい人は突っついていきます(笑)

 

登山中は天気が良ければ絶景が望めます。

 

樹海

樹海

 

山小屋からの夕日

山小屋からの夕日

 

山小屋の寝袋

山小屋では寝袋で寝ます

 

ご来光

今までで一番綺麗に見えたご来光

 

富士山頂

8才の子も元気に登りました!

 

下山道

下山道

 

“This is the most beautiful view I’ve ever seen!”

(「今まで見た中で一番綺麗な景色です」)

と感動される方も少なくありません。

 

前回のツアーでは、美しいご来光を見ながら素敵なサプライズが☆

ご来光を拝んだ後、時間が押していたせいもあり

直ぐに出発しようとした私たち。

私が、Okay, shall we get going?「では出発しましょうか」と叫んだ時、

アメリカ人のお客様から日本語で

「チョットマッテクダサイ」と言われました。

えぇ、もう行く時間なのに!と思った瞬間目に入ったのは彼の手の中の小さな箱。

え?まさか?!

 

そのまさか!でした。そこから彼のプロポーズが始まったのです!

他のお客様が見守る中、見事彼のプロポーズは身を結び、

最後には”Congratulations!”(「おめでとう!」)と祝福の拍手喝采。

男性のお客様は彼と固い握手をして”You are the man!”(「君こそ男だ」)と

声をかけていました。

わー、なんか映画のワンシーンみたい・・・

素敵な瞬間に立ち会うことができました。

 

「一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」

という諺のとおり、

簡単な山ではありませんが、

日本人として一度は登ってみたい山です。

外国人登頂者も多いので、

勇気を出して休憩している外国人の方に話しかけるなどすれば

英会話の練習もできて一石二鳥(笑)

 

Once a wise man, twice a fool!

一度は登ってwise manになっておきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です