2020年春期スケジュール

ようやく春めいてきましたね。

春はスタートの季節!

当校も先日2019年度のグループレッスン全40回が終わり、

来週から新年度が始まります。

茅ヶ崎方式のニュース英語はどのユニットからでも始められるのが魅力ですが、

やはり新年度、教科書の最初から始めるのは気持ちがいいものです。

今なら入学金半額キャンペーン中です。

Y&Y English Schoolで一緒に英語力向上を目指しませんか?

ご連絡をお待ちしております!

 Y&Y schedule Spring 2020
UnitMon.Sun.
14/64/12
24/134/19
34/204/26
45/45/10
55/115/17
65/185/24
75/255/31
86/16/7
96/86/14
106/156/21

Ruby Chocolate

posted in: 未分類 | 0

生徒さんから最近話題の『Ruby Chololate』を頂きました。

パッケージもお洒落~♡

Ruby Chocolateをご存じない方、英語の勉強も兼ねて

こちらの映像でご確認下さい。

色はピンクですが、甘酸っぱい大人の味でした。

これが人工的な味付けをしていない自然の味なんて驚きです。

ご馳走様でした:)

Hさん英検準1級合格!(社会人)

嬉しいニュースが届きました。

当校でニュース英語C2クラスをプライベートで受講中のHさんが英検準1級に合格されました。

おめでとうございます!

ニュース英語クラスでは主にリスニング力と語彙力を鍛えますので英検やTOEICにも有効です。その他の対策はHさん陰ながらコツコツ努力されていました。

1次試験はHさんの実力で突破されました。合格後、当校での猛特訓がはじまりました。英検の2次試験は急にできるようにはなりませんが、練習をしてから受けないとまず合格しません。逆に言えばきちんと対策していけば合格率は格段にアップします。

一次を通過した時点で二次試験に合格できる実力はあるはずですが、相手を知らずにテストを受けるのは無謀です。対策をせずに当たって玉砕する人も結構多いのです。まず各設問でどのような回答を求められているのか知っておくべきです。文法や構成など、求められているものがあるからです。

Hさんも特訓を始めた時こそ苦戦していましたが、特訓を終わるころにはまず合格できるのではないかと当校も自信をもって送り出すことができました。

合格発表後のレッスンに笑顔でワインを忍ばせて現れたHさん。先生のおかげで合格できましたと言ってくださいました。講師冥利に尽きる瞬間です。

次は目指せ1級だそうです。

改めておめでとうございます。カンパーイ!

登録研修機関研修について

全国通訳案内士制度が更新制になりましたが、どういう仕組みなのか疑問に思っている方も多いと思いますので解説します。

改正通訳案内士法が施行されたのが2018年1月4日。それ以前に全国通訳案内士として登録された方と、それ以後に登録された方では少し異なります。


2018年1月4日までに登録の方:2023年1月3日までに1回目の研修を受講
2018年1月4日以降に登録の方:登録日より5年以内に1回目の研修を受講

以降5年以内に2回目以降を受講していく


いずれにせよどなたも2023年1月3日までは余裕があるということです。実質お正月に受講は難しいでしょうから2022年の年末までと考えておきましょう。 ということですので、今年中に1回目の研修を受ける必要はありません。受講が早ければ次の更新も早くやってきますし。

2020年に1回目の研修を受けると、2025年までに2回目を受けないければいけなくなります。2022年に1回目を受講すれば2回目は2027までにという具合です。

そんなわけで登録研修機関もまだ出そろっていません。主要な通訳案内士団体はすべて登録すると思われますし、旅行会社や派遣会社なんかも参入するかもしれませんが、そんな儲かるものでもないのでまあ通訳案内士団体がメインになるはずです。

プログラムと講師を用意して観光庁に申請するわけですが、上記の理由で今年は受講者もあまり見込めません。ただ登録したからには研修を開始しなければなりません。ということで今年の年末までに登録をしようとしていると思われます。

ただこの研修、通訳案内士にとっては必須ですが、通訳案内士以外の方も受講できることになっています。

詳しくは観光庁の特集ページをご覧ください。
https://www.jkankou.biz/

全国通訳案内士試験合格発表

posted in: 受験, 合格, 資格, 通訳案内士 | 0

2/7に全国通訳案内士試験の合否発表がありました。みなさんいかがでしたか?

いつにも増して厳しい合格率でした。

合格者のリストはこちらです。

総受験数7244に対し合格者618人。合格率は8.5%。

合格数の推移についてはこちらを参照ください。(観光庁参照

全言語受験者1次合格者1次合格率2次受験者2次合格率最終合格者合格率
20197244111916.0 128748.0 6188.5
20187651175223.0 168444.7 7539.8
201710564218521.8 261663.0 164915.6
201611307310629.0 352568.2 240421.3
201510975277828.5 304769.5 211919.3
20134706155833.7 158575.8 120125.5
20107239107015.1 118878.5 93212.9
20079245267930.4 307861.9 190520.6
2003624588914.4 62872.6 3315.3

その昔は合格率5%ぐらいの時代がありました。その時は科目免除もなく基本一発勝負です。その後徐々に2年目や英検などでの科目免除が登場し受験しやすくなりました。またオリンピックに向けての人員確保目的で難易度が下がった時期には、TOEIC840点で英語筆記免除などのボーナスタイムがあり(現在は900点まで引き上げ)合格率が25.5%になったことも。昨年より通訳案内業が実質自由化になったことでプロのガイドにはさらに高い資質が求められるようになり再び難易度が挙がっています。

なかなか厳しいですね。

この難関をパスするには地道に準備していくしかないでしょう。

全国通訳案内士 観光庁研修について

posted in: お仕事, 資格, 通訳案内士 | 0

通訳案内士のみなさん、観光庁研修受講されましたか?

以下観光庁ホームページより

改正法施行(平成30年1月4日)より前に通訳案内士試験に合格し、都道府県で全国通訳案内士として登録されている方には、

新たに全国通訳案内士試験に追加された「通訳案内の実務」科目に関し、観光庁長官が実施する研修(観光庁研修)の受講が

義務づけられています。

観光庁研修受講の対象となる全国通訳案内士は、平成31 年度末までに観光庁研修を受講して下さい。 

平成31年年度末っていつ?ってことですが、令和2年1月末らしく、すでに研修は終了しています。私の周りでも焦っているガイドさんがちらほら。

さて受講を忘れてしまった人はどうなってしまうのでしょうか?

結論としては問題ないようです。今回の研修は単に新しい試験との差額分のアップデートで、これで登録取り消しとかはありません。

ただ今後全国通訳案内士資格は更新制となります。またまた観光庁ホームページですが以下の通り。

改正通訳案内士法により、全国通訳案内士には、登録研修機関の実施する研修を5年ごとに受講することが義務づけられております。
登録研修機関の研修を受講していない場合、都道府県において、全国通訳案内士の登録を取り消す場合がございます。

登録研修機関の研修については、2020年度より、実施していく予定です。
登録研修機関に関する情報については、今後、観光庁ホームページ等において順次公表いたします。

この登録期間研修というのを受けないと取り消しになる可能性がある。ということで必ず失効するわけでもありません。

この辺りは通訳案内士資格の状況が劇的に変わってきている中での見切り発車ですので、確実にこれというのは誰もわからずというところです。

もともと通訳案内士資格の質を高めていこうとして導入が検討されていた更新制度。そこに突然やってきた行革という波にのまれ、質を高めるどころか自由化に。

その結果、誰でも資格無しでもガイドしていいですが、資格のある人は自腹で研修受けて更新しないと失効しますよというなんとも矛盾した状態になってしまいました。

この矛盾はもちろん観光庁も感じているなかでの政治家主導の改革ですので、また制度が変わることも十分にあります。

よくガイド団体に所属するメリットってなんですかって聞かれますがこういった情報でしょうか。フリーランスで生きていくには同業者との情報交換は必須ですね。

Hawaii2020 – Maui編② レンタカー

posted in: 日記, 英語, 観光 | 0

マウイでレンタカーを借りてみようということで書いてみます。

まずはKahului空港に着いたら自分のレンタカー会社のサインを探します。ちなみにMauiの東側にはKahului Airport西側にはKapalua Airportがあります。Kapaluaのが本数少な目でフライトも少し高めだと思います。

Hertz, National などの大手は”use cross walk and take the trolly“横断歩道を渡ってトロリーに乗れ、その他は“Do not cross the street. Follow the curb this side of cross walk to the right”渡らずに縁石に沿って右側へとあります。

今回私達はHertzを予約してたのでトロリーに乗ってレンタカーターミナルへ。乗らなくでも徒歩5分ですが。ハワイの交通局によると、レンタカーのために立派なRent-a-car centerを作ってWednesday, May 15, 2019に使用を開始したとか。”Construction broke ground on April 15, 2016 with a total cost of $340 million, funded solely by a Customer Facility Charge which consists of a daily charge of $4.50 applied to customers who rent a car. No taxpayer funds were used.” 3億4000ドルの資金は税金を使わずにレンタカー利用者に1日当たり4.5ドルずつ負担してもらったと。なるほど公平ですね。日本の出国税もちゃんと旅行者のために使って欲しいですね。

レンタカーセンターに到着

さてレンタカーターミナルに到着。まずはレンタカー会社のカウンターに行って、免許とパスポートを提示してとやりたくなりますが今のHertzはそんなの必要なし。初めてfloridaで利用した時はあまりにも放置であせりましたが、慣れれば便利。

まずはOnlineでハーツGoldプラス・リワーズ会員になっておきます。その際免許などの必要情報は登録するのでカウンターで提示する必要もなし。免許も現地で見せなくていいしあくまで自己責任ってことでしょう。そして車のタイプなどを選んで予約しておく。

で現地に着いたらいきなり駐車場へ行きます。係の人がプラプラしてますので名前を言うとGoldだねーとか5Starだねーとか言われますのでその列に行って、好きな車を選びます。今回は結構車が出払っていたのでそんなに選択肢はありませんでしたがCompact Classで予約していたのでGoldへ行けと。あとは車を選んでもう出発です。本当に拍子抜けです。係の人と一緒にダメージチェックとかしないので一応車内にあった表に自分でダメージチェック。特に大きなダメージ無し。

Goldの列

駐車場の出口でパスポートを提示して、向こうがなんか入力して手続き終了。ここでダメージチェック表も一応提出。これでReady to goです。

簡単で便利なのですが最初は簡単すぎて怖いです。慣れれば便利。合理的な国アメリカって感じですね!今回のプランは色々込々プランだったのでガソリン満タン返しも必要なし。島内だけでしたので一週間借りても給油ゼロでした。逆に余ると損した気分ですがまあいいでしょう。

ちなみに今回は国際免許が切れているのに気づいたのがすでに年末でしたので国際免許なしでいきました。一応ハワイは日本の免許だけで運転できることになってます。ただ翻訳書類がないといざというとき困ったことになるかもなのでHertzのホームページで翻訳作成(無料)しました。Hertz Drivers License Translation Application Formというところから必要事項を入力し日本の免許証の表裏の写真をアップロードします。(とても低速なので我慢が必要)最終的に今回は一度も免許を見せる場面もなかったですが。

在ホノルル日本領事館でものようにコメントしています。

ハワイ州では,入国後1年以内に限り,有効な日本の自動車運転免許証で自動車を運転することができます。入国後1年以内であることを証明する必要がありますから,パスポートも忘れずに携行してください。    

事故や違反で取締りを受けた際,日本の運転免許証を示したにもかかわらず無免許運転として処理されることがあります。これらは,警察官の誤解と言わざるを得ないのですが,無免許運転として現場の警察官から呼出状を交付された場合,本人若しくは代理人(弁護士等)が裁判所に出頭する以外解決する方法がありません。

また領事館提供の日本の免許の解説書というのがあるのですが今のところ平成しか対応してないので要注意です(令和2年1月現在)

返却もまた簡単。同じ駐車場に戻って、ここかな?って感じのところに止めたらお姉さんが来てなんか適当にチェックして、receiptは紙がいいかemailがいいか聞かれたのでemailでいいよと言ったらそこで終了。またもやカウンターに行かずでした。

最近他のレンタカー会社使ってないのでよくわかりませんが、他社もこんな感じでしょうか?参考になれば幸いです。

Hawaii2020 – Maui編①

posted in: 日記, 英語, 観光 | 0

久々にHawaiiに行ってまいりました。

でも今回は初のMaui島。海外からのお客さんにHawaiiのどこの島が良かったか質問するとほとんどの方がMauiと答えます。ということで一度は行っておかないとと思っていましたが今回色々なタイミングが合い行ってきました。

Mauiは元々東と西の島があり噴火で一つの島になっています。今回行ったのは西の端っこのKapaluaというところ。ビーチ沿いには高級なホテルが立ち並ぶエリアです。私たちの宿はビーチに面している高級ホテルではありませんが毎日黒猫が遊びに来てくれる(ごはん時だけ)アパートタイプのホテルでした。こういうところはお掃除も3日に一回ぐらいで、フロントも毎日開きませんので結構放置ですが、フルキッチン洗濯機付きで便利です。

到着時は気づきませんでしたが隣のゴルフコースではSentry Tournament of Championsという大きなゴルフの大会が開かれていた模様。地元の人は結構話題にしていました。

Kapalua golf
Kapalua Golf

あまり事前に調べていかなかったのですがHawaiiは雨期真っただ中で特に今年は天候が悪く風が強かったです。ということで申し込んだツアーは軒並み中止か行程変更でした。特にWhaleWatchingツアーはなかなかの試練でした。でもMauiでは水に入れるほどの暖かさですし、人気エリアの駐車場は並ばなくても入れるので雨期も悪くないのかも。

普段ツアーの旅程管理をする側としては勉強になります。でも雨期のMauiでいいことは虹がたくさん見られること。Hawaiiも3度目で雨期はじめてですがHawaiiでRainbow何とか(Shaved iceやDrive Innなどなど) がいっぱいあるのは開放的なイメージのせいかと思ってましたが、実際毎日虹が出ていて納得です。

maui rainbow
Mauiのrainbow

Mauiのいいところは海外線沿いに沢山のビーチとホテルがあるのですがどのビーチもPublic Beachで誰でも使うことができるところです。もちろんビーチ側からホテルにアクセスしてグッズをレンタルしたり、バーを利用することも可能。(Hotel Guests Onlyと書いてなけれな)。ちなみにビーチは飲酒禁止ですのでバーからお酒は持ち出せません。プールサイドなどで楽しみましょう。この公共の場での飲酒Public drinkingは州によってルールが違いうと思いますがアメリカやカナダでは基本は禁止だと思います。ただラスベガスのように大きなマルガリータグラスを持ちながら自由に歩いてるところもありますね。

Snorkelをレンタルしてお店の人にスポットを聞いて幾つかのビーチに訪れましたが、色々見た結果一番良かったのは宿から徒歩5分のKapalua Bay Beach でした。岩場やサンゴ礁がすぐ近くにあり魚達やウミガメが多数見られます。

あまり泳ぎが得意でない僕のお気に入りはその名もBaby Beach!結構遠くまで行っても遠浅でSnorkelingの練習でお世話になりました。MexicanのおじさんがTurtleがいるよって教えてくれましたがこの日は遭遇できず。

あとはWestinなどの高級ホテルが立ち並ぶロングビーチのKa’anapali Beachも人気です。ただ駐車場がほとんどないのでこの辺りに泊まっていないとなかなか行きづらいです。Whalers Villageというモールには駐車場がありますが$3/30Min.でなかなか安くはないし結構満車。買い物をすれば3hourまでのvalidation (駐車料無料サービス)があります。

私たちはLahainaの街に車を止めてシャトルで行きました。(one way $3) Lahainaの駐車場も結構曲者で一日止めても無料なところから$20近く取られるところまで様々です。このあたりは別途説明しますね。今日はこのへんで。

2020年新春入学キャンペーン

新年あけましておめでとうございます。

さて今年は2020年オリンピック・パラリンピックイヤーです。

皆様の新年の目標は何でしょうか?

気持ちを新たに英語を勉強しようという方も多いかと思います。

海外留学したい、英会話ができるようになりたい、英検、TOEIC、通訳案内士の資格を取りたい、英語を使う仕事に転職したい。

鉄は熱いうちに打て!

Y&Y English Schoolでは2020年5月末まで入学金半額キャンペーンを実施します。

この機会に是非体験入学をお申し込みください。

体験レッスンでは教室の紹介、レベルチェック、授業の体験を行います。

時間は約1時間~1.5時間です。

東京メトロ妙典駅から徒歩7~10分です。

お気軽にお問合せください。

新国立競技場

posted in: ツアー, 観光, 通訳案内士 | 0

数日前に完成しマスコミでの露出も多くなっていた新国立競技場がいよいよ本日一般公開になりました。

それに関連して様々なイベントが行われています。

まずは朝から「国立競技場 FIRST WALK」、それに続く「国立競技場 ASICS FIRST RUN」、そして夜からは「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」と立て続けに行われます。

ASICSはメーカーのご招待イベントで、HELLO~はウサインボルトを含むアスリートや嵐のパフォーマンスもあるということでチケットが入手困難。

しかし国立競技場FIRST WALKというイベントのチケットは持っていましたので早速新しい国立を見てきました。

これは平成26年5月31日(土)に行われた『SAYONARA 国立競技場 FINAL “FOR THE FUTURE”』という旧国立競技場が閉まるときに行われたイベントへの参加者を将来無料招待するというものでしたが、律義に招待していただきました。

入場は8:00~9:20までと結構お早いですので少し行くか悩みました :)が無事到着。Aゲートには懐かしい壁画が。

外観は堂々としています

デザインは隈研吾(ガイド必須)。ザハ案ほどの強烈なインパクトはありませんが、和っぽくていいですね。この懐かしい旧国立から移設の壁画は相撲の神様とギリシャの勝利の神様だそうです。全景写真はAゲート側ですが当日この時間はまだ工事の囲いが取れておらず。もう今頃(夜)は外されていると思うので次回はもっといい距離で撮影できるはず。入場無料の展望スペースもできるとか。

いよいよ入場

そして入場ゲートではもはや人力ではなくQRコードをかざす自動改札。本日のチケットにも右上にQRコードあり。こんなかんじでスマホ表示とかで入場するんですね。日本だと結局係の人がいて係の人がスキャンしてってなりがちですよね。果たして国立はいかに?

新国立競技場の中はこうだ!

ということで百聞は一見に如かず。どうでしょう、観戦のイメージはわきましたか?建設費を大幅にカットしたために内装は豪華なスタジアムとはいきませんがシンプルないいスタジアムだと思います。芝のコンディションを維持するために地下にはいろんなパイプが詰まっているらしいですよ。売店の中には味千ラーメンも発見。最近熊本に行くまでは実際入店したことはなかったけどアジアのお客様からはよく名前を聞いていました。そして、もはやスポーツイベント大定番の修造さんもいい感じで盛り上げてました。夜のイベントまでお疲れさまです。今テレビではゆずが歌ってます。

座席はこんな感じ

座席は遠くからみるとお客さんが座っているように見えますが近くで見ると様々な色の席。お客さんの入りが悪くてもそう感じさせない配慮とか。気になるドリンクフォルダーも完備。車いす席エリアには介添え人さんの席もありました。なかなかいいですね。

さて、こちらが日本スポーツ振興会発表のスペック

 敷地面積 約109,800㎡
 建築面積 約69,600㎡
 延べ面積 約192,000㎡
 高さ 約47m
 階数 地上5階 地下2階
 観客席数 竣工時約60,000席

固定の座席数は約60000席となっていますが最大80000席にできるとか。トラックをつぶして増設ってことでしょう。

オリンピックなどの自分の席が気になる方はこちらでチェック!

何事も余裕をもって行動

するのがいいですよね。色々な記念撮影スポットやお土産の列がありましたが、もう受付終了ということで並ぶこともかなわず。すでにメルカリに出回ってるのでしょうか?

帰ろうと思ったらあの方達が…

次回はイベントやってるときに来ますね。

ちなみにスポーツイベントこけら落としは天皇杯決勝。すでにSOLDOUTです。

帰り際にミライトワと目が合いました。オリンピックは任せろって言ってました。ソメイティーもパラ宜しくね!