朝からハワイ♪

posted in: 観光 | 0

今日は朝から東京は台風18号が直撃!

でも本日レッスンがあった生徒さんには

昨日のうちにお振り替えをしてもらったのでよかったです。

暴風雨の中の外出は危ないですからね!

 

というわけでいつもより時間ができたので

今朝はハワイアンパンケーキを作りました♪

9月11日から19日までお休みをいただいて

ハワイに行ってきまして、そのお土産の中の一つです。

Hawaian Pancake

LILIKOIシロップがポイント!(パッションフルーツのハワイの呼び名)

pancake breakfast

ちょっと形が美しくないですが・・・。

でも味はOK!

日本のホットケーキより軽くて食べやすかったです。

外は暴風雨でしたが家の中はハワイでした~☆

 

ちなみに生徒さんたちにはこちらのマカダミアナッツをプレゼントしました。

macadamia nut

どれもお酒に合いますよ♪

 

大好きなロビン逝く

posted in: 日記, 英語 | 0

今朝、駅の売店の「ロビンウィリアムズ自殺」という文字に

固まりました・・・。

そして目を疑いました。誤報であってほしかった。

 

彼の演技としゃべりが子どもの頃から大好きでした。

「Hook」「Aladdin」「Mrs. Doubtfire(邦題:ミセスダウト)」「Jumanji」の4本は

特に好きで、何回見たのか数え切れません。

 

なんといっても自由自在に変化するあの声!!!

天才です。天才でした・・・。過去形で言わないといけないなんてショックです。

 

ロビンが魔法のランプの精Genieの声優をした

Aladdinにはこんな思い出があります。

 

小学校6年生の時に犬を飼うことになりました。

その犬が家に初めて来た夜、妹と二人でAladdinのビデオを見ました。

まだ犬の名前を決めていなかったのですが、

あるシーンを見た瞬間、

妹と二人で「名前はこれにしよう!」と意気投合しました。

それはランプの妖精GenieがAladdinに初めてあう以下のシーンです。

 

Genie: Hi! Where you from? What’s your name?

「ハーイ!ご出身は?お名前は?」

Aladdin: Uh, Aladdin.

「えーっと、アラジンだけど。」

Genie: Aladdin! Hello, Aladdin, nice to have you on the show. Can we call you Al, or maybe just Din?

「アラジン!こんにちは、アラジン。僕のショーに来てくれて嬉しいよ。アルって呼んだらいい?それともジン、だけのほうがいい?」

Or how about Laddie? It sounds like, “Here, boy!” C’mon, Laddie!

「それかラディは?(スコットランド人に変身して)『ほら、こっちだよ、ラディ』なんちゃって!(そして犬に変身!)」

Aladdin: I must’ve hit my head harder than I thought.

「思ったより頭を強く打ったみたいだ。」

 

 

この時は字幕で見ていた訳ですが、

「名犬ラディ」と訳されていたのを覚えています。

この瞬間から家の犬は「ラディ」になりました。

(でもこの時正しい綴りはわからなくて、Laddyにしたのですが、

大人になってからLaddyではなくて、スコットランドの方言で

「若者」という意味のLaddieだったことが判明・・・。

もう変える気もなくそのままにしました。)

 

つまりロビンが家の犬LaddieのGodfather(名付け親)だった訳です!!!

もっと長生きして世界を笑いで満たして欲しかった!!!

ご冥福をお祈りします。

また彼の映画が見たくなってきました~!!!

1387830471286

My late dog “Laddy” (もう死んじゃいましたがこんな犬でした)

 

Yoko

 

Once a wise man, twice a fool!

posted in: ツアー, 通訳案内士 | 0

こんにちは!初めて投稿します、Y&Y English SchoolのYokoです。

主人同様英語講師兼通訳ガイドです。

これからレッスンのことやツアーのこと

色々書いていきますので楽しみにしていてくださいね^^

 

さて、今日は1泊2日の富士登山ツアーの予定でしたが

台風11号の為催行中止になってしまいました。残念。

 

このツアーは毎年富士登山シーズンである7月と8月のみに

催行される季節限定ツアーで、

日本人と外国人のお客様約20人ずつ、計40人ほどで

一緒に登頂。最大の目的は勿論山頂でのご来光です。

 

しかし挑むのは日本最高峰富士山。

プロの登山ガイドさんがついて安全に登ることができますが、

準備を怠ると痛い目に合います。

 

いつも登る前に必ずお客様に言うのは、

“Don’t underestimate Mt.Fuji! You have to be well prepared.”

「富士山を甘く見てはいけません!準備をしっかりしましょう。」

 

暑がりだからーと薄い上着一枚しか持っていない人(山の上は夏でも極寒)、

短パンしか持っていない人、ジーパンで登ろうとする人、

雨具を持ってこない人、普段履きのスニーカーで登ろうとする人、

現金ほとんど持っていない人(クレジットカードのみ)・・・

朝お会いしたときに異様にリュックが小さい人は要注意です。

あれ持ってる?これ持ってる?としつこく聞いて、

持っていなければ途中のサービスエリアもしくは富士山の五合目でご購入いただきます。

あまりうるさく言うのは嫌ですが、

一人でも多くの方と一緒に山頂に立ちたいので、

悪いと思いつつ怪しい人は突っついていきます(笑)

 

登山中は天気が良ければ絶景が望めます。

 

樹海

樹海

 

山小屋からの夕日

山小屋からの夕日

 

山小屋の寝袋

山小屋では寝袋で寝ます

 

ご来光

今までで一番綺麗に見えたご来光

 

富士山頂

8才の子も元気に登りました!

 

下山道

下山道

 

“This is the most beautiful view I’ve ever seen!”

(「今まで見た中で一番綺麗な景色です」)

と感動される方も少なくありません。

 

前回のツアーでは、美しいご来光を見ながら素敵なサプライズが☆

ご来光を拝んだ後、時間が押していたせいもあり

直ぐに出発しようとした私たち。

私が、Okay, shall we get going?「では出発しましょうか」と叫んだ時、

アメリカ人のお客様から日本語で

「チョットマッテクダサイ」と言われました。

えぇ、もう行く時間なのに!と思った瞬間目に入ったのは彼の手の中の小さな箱。

え?まさか?!

 

そのまさか!でした。そこから彼のプロポーズが始まったのです!

他のお客様が見守る中、見事彼のプロポーズは身を結び、

最後には”Congratulations!”(「おめでとう!」)と祝福の拍手喝采。

男性のお客様は彼と固い握手をして”You are the man!”(「君こそ男だ」)と

声をかけていました。

わー、なんか映画のワンシーンみたい・・・

素敵な瞬間に立ち会うことができました。

 

「一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」

という諺のとおり、

簡単な山ではありませんが、

日本人として一度は登ってみたい山です。

外国人登頂者も多いので、

勇気を出して休憩している外国人の方に話しかけるなどすれば

英会話の練習もできて一石二鳥(笑)

 

Once a wise man, twice a fool!

一度は登ってwise manになっておきたいですね。

 

本日のツアー0724

posted in: ツアー, 通訳案内士 | 0

今日は非常に暑い日でしたね。

幸い曇り空で直射日光は弱かったものの、

ムシムシ度が高い。

こんな日はIt’s really hot and humid(ホントに蒸し暑いね~)と言いたくなります。

 

さて今日は素敵なカップルを都内観光にお連れしました。

アメリカ人とカナダ人のカップルでしたが

彼からコンタクトがあり、 “I’m surprising my Fiancee” (フィアンセを驚かすんだ~)というメールをいただきました。

何でも仕事で日本に行く彼女に内緒でサプライズで現れるというもの。

ということでガイドの依頼をいただきました。

 

朝に都内の有名ホテルでpick up (お迎え)し、

まずは築地へ。築地市場はあと2年もしないうちに豊洲に移転してしまいます。

なのでできるだけ築地にはご案内しています。

卸売市場(wholesale market)を出たあたりで、外は結構な暑さでしたので

早速休憩しようということに。

 

ということでお寿司屋さんへ。

マグロの食べくらべセットなどを注文。

彼は大トロ(fatty tuna)が気に入りましたが彼女は中トロ(medium fatty tuna)が気に入った様子。

そうですね~、大トロはあのとろけるような食感がいいですが、

中トロはもうちょっとしっかりマグロの味がしますよね~。どっちもわかる気がします。

でも築地で食べるマグロは赤身(lean)でも結構おいしいですよね。

“This is the best Sushi I’ve ever had”(今まで食べた中で一番おいしいお寿司だ~)とのお言葉をいただきました。

よかったよかった。

さて、休憩もできたので再出発!

 

ガイドはもちろんいろいろなことを説明できなければいけないのですが

この移動途中の雑談とかが実は重要です。

ガイディングはあらかじめ暗記すれば一方的に話すこともできるのですが

雑談はコミュニケーションですから、うまく会話を弾ませないといけません。

いちいち聞き返してるようだと、会話になりません。

ですのでガイドを目指そうとする方は、テストにギリギリパスするだけじゃなくて

十分な英語力を身につけましょう。

 

さて色々見た後で浅草に到着です。

通常は欧米の方はあんこ(sweet bean paste)が苦手なんですけれど、

今日のお客様はMochiが食べたいと。

最近はけっこうMochiと言ってくる人も多いですね。英語だとrice cakeです。

それならばと、少し仲見世から離れたお店で豆大福を購入。

おいしそうに食べていましたが、“so this is real Mochi”(これが本当のもちなんだね)の一言。

“the one we usually have has ice cream inside”(いつも食べるやつはアイスが入ってるよ)と。

おーそれはひょっとして雪見大福じゃないですかー。

じゃあ、やっぱりあんこは苦手なのかなと思いましたが

人形焼も購入してたので嫌いじゃないはず。

 

そしてやはりまた暑いのでカフェで休憩。

仕事の話、結婚の話などお互いの話をして仲良くなります。

お客様は実は今夜も仕事だということで

exhaust(疲れ切る)するまえに帰ろうということに。

 

でも初めての東京観光は気に入ってもらえたみたいですので

また絶対戻って来るよと言っていただけました。

たぶん夏じゃないと思いますが。

自分の案内したお客様が楽しんでいただきリピーターになっていただければ

通訳案内士としては嬉しい限りです。

今度はお子様を連れての来日かもしれませんね。

004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Festival Brasil 2014

posted in: 観光 | 0

067

本日はブラジルフェスティバルに行ってまいりました。

英語ではBrazilですがポルトガル語ではBrasilです。

去年に引き続き今年で二回目です。

既に今年で9回目、毎年この時期にやっていますので、皆さんも是非来年は行ってみてください。

ステージでは2日間を通じていろいろなパフォーマンスが行われていますが

お店も沢山出ています。やはりまずは食べ物を食べます。

pastel

これはパステル(パステウ)

かじってあってすみません。これは中にチーズの入ったものですが、中身は色々種類があります。

そしてシュラスコ(シュハスコ)

churrasco

結構シンプルな味付けです。

そしてこれは食べませんでしたがきっとジャイアントコーン。

ペルーの3000m級の高地でしか育たないみたいですね。

ペルー料理屋さんに置いてありました。

giant corn

 

そして今回、結構楽しんだのがカポエイラ。

生カポエイラは初めて見ましたがなかなか迫力ありますね。

ほとんど手を使わず(体を支えるのには使います)足技を繰り出すので結構アクロバティックです。

もともとは黒人奴隷がダンスに見せかけて技の練習をしたのが始まりだとか始まりではないとか言われているみたいですので

音楽や掛け声はセットでなかなか盛り上がります。

日本にいくつかある団体の師範(と呼べる人は数人しかいないようですが)や生徒の方たちによる

組み手は見ごたえがありました。

capoeira2 capoeira1

チャンスがあったら皆さんも是非生カポエイラ見てくださいねー。

九州アジア観光アイランド特区ガイドについて

posted in: 通訳案内士 | 0

みなさん、こんにちは。

通訳案内士を目指そうとしている方で(すでに通訳案内士の人でも!)たまに

将来的にはガイド資格は無くなって、

誰でもガイドできるようになるんですよね?

と思ってる方がいらっしゃいます。

 

通訳案内士制度にはいろいろな問題があり

規制緩和の方向に動いているのは確かですが

全くなくなるということは無いでしょう。

 

まず現在でもガイドに仕事を多く発注している旅行会社の中で

ガイドの能力をチェックできる会社はさほど多くありません。

なぜなら、社内に通訳案内士経験者がいないからです。

ガイド経験者で無いものがガイドの能力をチェックしたり指導することができるはずがありません。

できることといえばお客様のアンケートをもとに満足度をチェックするぐらいです。

そのため通訳案内士資格保持者を使用するということは一定の業務遂能力を備えている者を使用しているという保証になります。

この制度が無ければ、各社がそれぞれ求人をかけて面接し、選抜し、育成していかなければならなくなります。

また旅行会社の営業はガイドを派遣するだけで実際にツアー現場に出てくることは稀ですので

”国家資格を持ったガイド”を派遣するということは彼らにも、お客様にも安心なわけです。

というわけで世界各国には様々なガイド資格が存在し、国に手厚く守られているものもあれば、(日本のように!)適当に放置されている国もあります。観光立国といえる国ではまず立派なガイド制度が存在しています。

 

さて、ではなぜ日本では規制緩和のお話がでてくるのでしょうか。

それはやはりガイドの需要と供給が見合っていないということでしょう。

現在の通訳案内士試験は難しく、きちんとした語学力と教養が無ければ合格できません。

それだけの語学力を持った人であれば語学でご飯を食べていくことは難しくはありません。

ではガイドの収入が彼らの能力に見合っているのかというと微妙なところです。

ガイドとして生活していくことはさほど難しくはありませんが

能力に見合った収入をと考えるとなかなか難しいです。

ガイドは基本フリーランスですので自分のスキルや営業力で大きく収入が変わってくるというのも事実ですが世の中の平均収入を上回る人はかなり少数でしょう。

ということで、せっかくガイド資格を取得しても稼働してないペーパーガイドが非常に多いのです。

 

一方昨年の訪日外国人は1000万人を超え、

旅行会社としては一人でも多くのガイドを確保したい状況です。

今回の九州地区の募集についてはこちらを見てください。

本当は通訳案内士しかできない仕事を特例地域において研修を終了した者に特別許可を与えて

ガイドをできるようにしようというものです。

 

ただし、これは中国語、韓国語、タイ語に限られているので

主に留学生にバイトでガイドをやってもらえるようにしようということだと思います。

決して業務遂行できる語学力が無い人にも開放しようというものではありません。

留学生にとっても割のいいバイトではありますが

職業としたい仕事にはなりえないでしょう。そもそも彼らは優秀ですからね。

またバイト程度の仕事ではビザが下りませんのであくまで留学生という立場でしか仕事はできません。

私は、一時的に留学生使ってお金儲けしようなんて考えていると、かえって起業精神のある留学生がこれを機に旅行業で起業して、利益がすべて海外流出して日本の企業にはお金の落ちないシステムが構築されるんじゃないかと予測しています。彼らはたくましいですからね。

——補足です——

なぜ九州かといえば、九州には多くの客船が立ち寄ります。

瞬間風速的に1000人近くのお客様が到着するわけですから

当然地元の通訳案内士だけでは対応できません。

通訳案内士は主に都市部に集中していますので、時には飛行機に乗って長崎などにやってきます。

当然旅行会社は宿泊や食事代なども支給しますので痛い出費です。

一時的に飛んでくるガイドよりは地元の方に案内してもらった方がいいことも多いのも確かです。

またアジアの国からのお客さんは歴史などよりも買い物や温泉、食事目当てなことも多いですので、歴史文化に精通した通訳ガイドではなくても言葉ができる人ならいいという面もあります。

——-以上補足でした——

 

特例ガイドなどの規制緩和が進むことで通訳ガイドの将来が危ういと感じる方もいるかもしれません。

でも国が能力を保証する制度をなくしてしまうようなことは

誰も望んではいませんので受験を考えている方は安心してください。

また特区ガイドになる方も将来的には通訳案内士になって活躍していただきたいですね。

 

今日の話だと頑張って通訳案内士資格とっても将来厳しいだけじゃん!と思った方も多いと思います^^

しかし、現役ガイドにはそれなりにガイドをやっていくモチベーションがあるんです。

それを次回お話しますね。

 

Yasushi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通訳案内士試験締切間近です

posted in: 通訳案内士 | 0

通訳案内士の願書受付締め切りまで約10日間となりました。

受験要綱についてはJNTOを参照

当校の生徒さんでもチャレンジされる方がいますので全力でサポートします!

 

今年から英語の筆記試験免除にTOEIC840点という項目が加わりましたので

だいぶ敷居は低くなった感じです。

しかも2年以上前のスコアでも免除になります。

これは受けるしかないのでは!?

 

ただこれはあくまで受験層の拡大を狙った施策なので、実際合格者がどの程度増えるかはまだわかりません。

首尾よく2次の面接試験まで進めてもそこからが難しいでしょう。

もちろんTOEICはスピーキング能力を測るテストではないので同じ840点でも個人差がだいぶあると思います。

2次対策は十分に時間をかけて準備を進めることをお勧めします。

 

当校では通訳案内士試験対策はもちろんのことその後のお仕事につなげていけるように

実力のあるガイドを育てます。

 

Yasushi

 

Y&Y English Blog Open

posted in: ごあいさつ | 0

市川市、妙典にあるこじんまりとした英語教室のBlogです。

2014年春より開校し、ニュース英語の茅ヶ崎方式を中心に、英会話、各種試験対策などを行っています。

何度か英会話学校に通って成果が出なかった方も

当教室で再チャレンジしてみませんか?

4000語の語彙を蓄え、確実に英語力をアップさせます。

体験レッスンご希望の方はメインホームページよりメールしてください。

こちらのBlogでは教室からのご案内、学習情報などを随時アップしていきます。

宜しくお願い致します。